HIGE STYLE ~ハイジスタイル~

BMXと趣味と時々育児のテキトーブログ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
VISITOR 
プロフィール

hige(ハイジ)

Author:hige(ハイジ)
BMXを中心としたテキトーブログです。
2010年8月くらいからBMX乗ってます。

ランキング参加
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: D.I.Y.趣味編  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

インプレッサ RC ボディ LED取り付け
だいぶ前にインプレッサのRCのボディ作成について書きました。

今回はそのボディのLED取り付けについて書きたいと思います。

このインプレッサのボディはもともとLEDが取り付けれる様になって
いたので、まぁLEDさえ買えば取り付けれるだろうと思ってました…。

ただ電源などはどこから取るのだろう…と考えいろいろ調べたところ
受信機からとればいい事がなんとなくわかる…。

でもお店に売ってるLEDキットは結構高い…
LEDだけでも割とする…

という事で例のごとくオークションにて探してみる…
何と売ってる方がいました…。
しかもいろいろと車種別に売ってるので、すごい楽…

ということで早速インプレッサ2008用のを落札…

それがこれ…

LED.jpg

これは四角い電池につなげて使用できるようになっており
受信機用のコネクタを別売りで100円で買えたので、それも一緒に購入。

この時点では、できるかどうかも分からないまま
何となく購入…

何とかできるだろう… いつもこんな感じで買ってます…

時々失敗しますが…笑

受信機に取り付けコネクタだろうものがこれ。

LED2.jpg

これを組み立てます。

赤と黒の線の先を1cmくらいカット。
それをこの金色の金具に取り付け。

ラジオペンチか何かで、曲げて固定。そしてクロのコネクタへ挿入。


LED3.jpg


こんな感じ。

そして受信機に差します。

LED4.jpg

気を付ける所は、コネクタに挿入する前に
この受信機に差す方向を確認。 他と同じになる様に配線差しこむ。

赤と黒のラインが同じになるように…多分間違えると電源入らないと思います…多分。

差しこんで、電源ON!

LED5.jpg

無事に点灯しました。

今度はボディに取り付けます。

まずはライトのパーツに取り付け。

IMG_0821.jpg

これはボディの説明書に従って取り付けましょう~

そしてボディの配線を固定。

LED6.jpg

こんな感じでアルミテープで固定しました。

当然このアルミテープは専用のものがあると思いますが
オイはキッチンで使うアルミテープがあったのでそれを使用…
多分大丈夫でしょう…(テキトー…)

そして完成…

フロント

BODY1.jpg

リア

BODY2.jpg

うーん…良い感じ…

完全に自己満です…

ライトが点いたからといって夜間走行する訳でもないですが(昼間の走行もほとんどしないが…)
良い感じです。

うちのチビも

「ピカーって ついたね~」
と喜んでおりました。


まぁ… いいでしょう…


参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記    ジャンル : 趣味・実用

Category: D.I.Y.趣味編  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

中古こいのぼりの復活
うちの子供は男なので、まぁ子供の日にはこいのぼりを上げる訳です。
でもこいのぼりっていざ買うとそれなりにする訳で、しかもでかいの買ってもそんなに使わないし…

てな感じで考えていたところ、姉がくれるっていうので貰いました。
我が家は金なしなのです…。

しかし もらったこいのぼりは、こいのぼりの状態は良かったのですが
くくりつける…カラカラ回るやつなんかが結構サビサビなんかで年数を感じさせてる感じでした…

こいのぼり

こんな感じ…

これじゃさすがにチビもがっかりだぜ!という事もないですが
自分的にちょっとテンションが下がります…。

塗装に関しては、自称「プロレベル」でありますので
早速塗装する事に。

塗装スプレーですが、ここはBMXの塗装でその強度が実証されている
シリコンスプレーを使わない手はありません…。

という事で、まぁゴールドで塗装してみました…

何となくの適当マスキングに、塗料が剥げないように
適当なやすりがけ…マジで適当です…


シュシュ~っと1時間くらい。


こいのぼり2


出来上がりました。

この仕上がり…上出来でしょう。

というか、再度シリコンスプレーの出来の良さに感心してしまいます。

ちょっとした塗装ならなんでもいけますよ。

おススメスプレーです。



テーマ : こんなの作りました♪    ジャンル : 趣味・実用

Category: D.I.Y.趣味編  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

 インプレッサ ラジコンのボディー作成
仕事でお世話になっている商社さんにラジコンを頂きました。

完成品ではありますが、バッテリーとプロポとも本格的なRCカー。

こんな感じです。

ラジコン前


いろいろ調べるとヤフオクで12000円くらいで売ってました…

まぁ見て分かるように、どう見てもBMWっぽいですが、当然ライセンスなんか
取って無い訳で、偽物ボディーな訳です…

せっかくのRCカーもこれではテンション上がりません…

という事で、ボディーを交換する事に…。

いろいろどれにするかを悩んだのですが…
やはり、車と言えばラリーカーでしょ!!
って事で、2007年モデルのインプレッサに。



ボディー1


こんな感じで販売されている…

そもそもこの海外のシャーシが田宮製のボディーに付けれるのかと
不安に思って、念のために車幅とホールベースを図ってお店に…。

お店で定規を貸してもらい、測定…

ホイールベースはOK
車幅が…ボディーは小さい…

ま ちょっとくらいタイヤがはみ出るのは大丈夫だろうって事で購入してきました。

さてここからまずはボディーの切り取り。


ボディ-4


切り取りのへこみに合わせてカッターで切り取って行くんだけど…
これが結構大変… 相当指が痛くなった…

多分 玄人たちは専用ハサミか何かで切るのか…

次に、シャーシにボディーを付ける穴を合わせます。

大抵この手のラジコンは、4つの棒でボディーを支えてます。
田宮製とこの中国製ではそのポジションが違うので、買ったボディーに
穴の位置があるのですが、ちっとも役に立ちません…

シャーシにボディーをかぶせて、何となくで穴を開けました…

ただ問題発覚…

ボディー3

車幅が広く、ボディーをかぶせた時にやはりタイヤがはみ出す訳です…

はみ出るって事は、ハンドルを切った時にボディーに干渉してしまう…

仕方ないので、フェンダーの幅を目検討で大きくしました…
若干ドアよりが食い込んでますね…

そしていよいよ塗装に。
マスキングのシールもついてるので、それを綺麗に張って裏から塗装します。

スプレーはインプレッサで指定されている田宮のスプレーを使用。

ボディー7

ご覧の通り結構綺麗に塗れました。
缶スプレーの塗装は、玄人レベルまで上がってきている気がします…

昔は車のエアロもスプレーで塗ってたので、それに比べれば大した事は無いです。

ただ 塗装しても何かくすんでるなぁーと思ってたら
なんと、ボディーの表に保護フィルムが張ってありました。

こいつを剥がすと…

まぁ 何という事でしょう~ と加藤みどりが言ってしまいそうな
くらいに見事に塗装されたボディーになってるではありませんか!!

ちょっと感動です。

その感動をさらに上げる為に、デカールを貼っていきます。

リヤのスポイラーも付けて…

こんな感じ!

ボディー8

おお カッコイイ~!!

でもやっぱりホイールがインプレッサでは無い…
この中国タイヤが何とも駄目だ…

という事で、ホイールを買いに行きました。
タイヤも合わせて購入…1400円くらい。
ちなみにボディーは2300円くらいです。

BMXパーツに比べれば、格段にお安いので躊躇無く購入…

そして装着画像がこれ!


ボディー9


おお かっこいい! 結構 実車みたい!!

うちのチビも

「インプレッサ かっこいいねぇ~」

と言って、手でごろごろ押してます。


ただ このボディーには、ライトにLEDライトが付けれる様になってるのです…
だったら付けなければならないだろう!!

次は、LEDライトの装着記事を書こうと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。