HIGE STYLE ~ハイジスタイル~

BMXと趣味と時々育児のテキトーブログ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
VISITOR 
プロフィール

hige(ハイジ)

Author:hige(ハイジ)
BMXを中心としたテキトーブログです。
2010年8月くらいからBMX乗ってます。

ランキング参加
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: D.I.Yチャリ編  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

BMX ホイールの振れ取り方法
今回はホイールの振れ取りのD.I.Y.について。

トリック何ぞのチャリに乗ってれば、正直 絶対にホイールに振れが発生します。
そんな振れ取りをいちいちプロショップにお願いしていたのでは
いくらお金があっても足りません…

まぁ 一度もお願いした事は無いですが…

オイは初めはピストに乗っていたのですが、あまりのもろさに
嫌気がさして、BMXに乗り換えた経緯があります。

オイが乗ってた時は、今の様な極太の26インチなどでは無かったのですが…。

その時から振れ取りは自分でやっていました…
初めの頃は、やればやるほどひどくなって泣きそうになった事は多々あります…。

要は経験です…
慣れが必要ですが、要領が分かれば、そんなに難しくないです。
まぁ 素人レベルの話ですが…

それでは本題。

ホイールの振れはニップルを回して調整します。
まぁ どのニップルを回すかが問題。

まずは基準のラインを見極めます。
いわゆるセンターです。
振れている部分をこのセンターに合わせて行く感じ。



この図で言えば、正面から見て今はセンターより右に振れています。
この右に振れている部分をセンターに寄せてあげれば振れは無くなります。

ちなみにオイは、振れ取り台なんぞの高級品は持っていないので
ブレーキシューを見ながら調整します。

ブレーキレスの方は…何となく頑張って下さい。

ブレーキシューをセンターに合わせて、そこから当たったり、離れたりするのを
見ながら調整します。

今 右に振れてるので、左に振れを戻してあげる必要があり
それをするには、振れているリム付近の3本のスポークに注目します。

ここでは スポークAとスポークBのニップルを締めて振れを修正します。
図を見て理解して欲しいのですが、要するに、振れている部分のスポークのニップルを
締める事により、引っ張られてリムの曲がりを修正するという事です。

理解できます?

これが理解できれば結構簡単です。

もうひとつの修正方法に、スポークCのニップルを緩めるという手があります。
この場合は、スポークCが強く引かれている為、リムが振れているという事になります。
ですので、Cを緩めると振れは無くなります。

ただ基本的には、ニップルはすべてきつく締まっているのが前提なので
オイは、まずすべてのニップルをある程度のトルクで締める(ここが経験値)

それから振れ取っていき、最後にまた同じだけニップルを締めます。


このやり方を応用していけば、広範囲の場合は、6本で考えれば良い訳ですね。

やる時に注意して欲しいのは



1.ニップルが締まっているのか、緩んでいるのか

2.修正しようとしているスポークは本当にあっているのか




この2点です。
これを間違えるとどんどん振れがひどくなり、泣く事になります。

ただ そんな経験をしなければ上手くはなりません。






虎穴に入らずんば、虎児を得ず…です。

ビデオ屋の店員が女だからといって、ビビっててはエロビデオは借りれません。



一度やってみれば、「あ 大した事ないじゃん」 となるはず… 多分。

出来る様になって絶対に損はしないし、ストリートやってりゃ
出来た方が絶対に良いかと。



これは ホイール組みへの序章でもありますので…


とりあえずは 自己責任で頑張って見てください。












Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。