HIGE STYLE ~ハイジスタイル~

BMXと趣味と時々育児のテキトーブログ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
VISITOR 
プロフィール

hige(ハイジ)

Author:hige(ハイジ)
BMXを中心としたテキトーブログです。
2010年8月くらいからBMX乗ってます。

ランキング参加
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: How to BMX trick  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

BMX How to Bunny Hop バニーホップのやり方 後編
やっとこさ バニーホップの後編を書きたいと思います。
最近は閲覧数も少しずつ増えてきたので、頑張って書きますよ~

後編では、俗に言う「差しをいれる」やり方になります。
簡単に言えば、両手を「えいっ」って前に出すやり方です。

バニーホップを練習始めの頃は、前に手を出さないといけないって思うのですが
正直、高さが出なければ、そこまで前に出す必要はないです。
それこそ40cくらいならちょいっと前に出すくらいで飛べます。

能書きは良いとして、参考動画です。




個人的にこの動画は非常に参考になりました。
なんせ スローになるは 何度も飛ぶはで…動き的にはとても勉強になります。

とは言え、オイのブログにはBMX君がいるので 負けてられません。


高さを出すバニーホップで重要なのは、「タメ」の動作です。


BHタメ

この様に前のめりになり、ハンドルに荷重を掛けます…
のんびり掛けるのではなく、「クッ」って感じで掛ける。

そうすると地面に荷重がかかり、タイヤのバネで反発するので
それを利用して後ろに荷重移動に入る。

BH引き上げ1

最初のうちは、何となくでもOKです。
反発するのが難しいって場合は、タメの姿勢だけでもOKです。

大事なのは、前のめりになる事で後ろに荷重移動をさせ易くする事です。

で次の動作。

後ろに荷重移動をする訳ですが
始めのうちは、荷重移動する事に一生懸命で、BMXの上に立つだけで終わってしまします…。

特に、バニーホップのやり方で

「ハンドルを太ももに当たるくらいに…」

って言葉通りにやろうとして、ハンドルを太ももに当てそうな動作をして…

終了!

って事がおきます。

オイもそうでした。
立つだけで、その後何もできない…

これは完全にタイミングが間違っています。

BH引き上げ2




実際はこの様に、フロントを上げたと同時に前に飛ぶ必要があるのです。
このタイミングをつかむのが、結構難しい…

BMXの上に立つ瞬間に、リアをしゃくり上げる動作に入らなければならないのです。
BMX君もすでに足がつま先立ちの様になって、しゃくり上げる準備ができています。

参考動画を一時停止してもらえば良く分かると思います。




このリアに荷重移動して、フロントを上げて前に飛びだす様にして
しゃくり上げの準備をする…


これはホントに一瞬です…

フロントを上げる→しゃくる準備

では無くて

フロントを上げぇしゃくる準備!

ってニュアンス…分かりにきぃ~…

前のめりになってフロントを上げる為に荷重移動をした瞬間に前に飛びだす!!
これを一瞬でやる必要があるのです。
ここが最大の難関でもあるかもしれません。

前に飛びだして、後はすかさずリアをしゃくり上げます。


BHしゃくり上げ


こんな感じです。

ここで差す動作が出てくる訳です。

つまり、フロントを高く上げているので、リアをしゃくり上げた時に
ハンドルを前に送り出さなければ、動作が完了しない訳です。

この動きは意識してやるものでは無くて、必然の動きなのです。
よって高く飛ばない時は、そこまで前に出す必要もない訳なんですね。

イケダログのイケダさんも書いておりましたが


パンパン(フロントを上げる しゃくる)

では無くて

パパン(フロントを上げしゃくる)

なんだと。


これはオイも納得の表現です。
この「パパン」ってタイミングをつかまなければ、高さの出るバニーホップは難しいかもしれません。

後は練習あるのみですね。

練習は必ず、モノを飛び越えて練習するのがいいです。

コーンが飛べるようにはなりたいですね…
オイはかすってしまいます…泣


練習の参考になればと。














Comments

なんだか紹介してもらって恐縮です~!

ちなみに差す時に腕を斜め上に押すか、斜め下に押すかでもまた違ってきます。斜め下に出すと自然とノーズ下がりになります。斜め上だと若干リア下がりになりますがリア着出来るので比較的安全です。

参考までに…
いやいや こちらこそ恐縮です… 

高く飛べるきっかけは、イケダさんのブログのおかげなので!

アドバイスまでありがとうございます。
あまり気にしていませんでしたが、差しの角度も大事ですね。
たまに しゃくり上げ過ぎて前転しそうな時がありましたらか…

今後もブログを拝見させて頂きたいますね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。