HIGE STYLE ~ハイジスタイル~

BMXと趣味と時々育児のテキトーブログ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
VISITOR 
プロフィール

hige(ハイジ)

Author:hige(ハイジ)
BMXを中心としたテキトーブログです。
2010年8月くらいからBMX乗ってます。

ランキング参加
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: D.I.Yチャリ編  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

3ピース クランク交換
今回は3ピースクランクの交換です。

そんなに詳しい感じではありませんが、参考になればと。

3ピースクランクとは、クランク(2つ)とスピンドルの3つに分かれるので
3ピースクランクと呼んでます。(多分)

普通そうだろって思う方もいるかと思いますが
その他に、1ピースクランクと2ピースクランクがあります。

1ピースクランクは、今じゃほとんど使われていませんが
OLDBMXと呼ばれているBMXには良く使われていたクランクです。
文字どおり、クランクとスピンドルが合体した状態で、S字の様になっています。
主にアメリカンBBで使われていた様です。

2ピースクランクは、3ピースと違って、片方のクランクがスピンドルにくっついてます。
つまり、片側のクランクだけが外れる訳です。
強度を出すために2ピースにしてる事が多いみたいです。
よってスピンドルの径も22mmが多いです。


ともあれ本題に。

3ピースクランクでもメジャーなのが、48スプラインのモデルです。
48本の溝がスピンドルに刻んであり、その溝でクランクを固定する訳です。

細い溝なんで、一度装着するとなかなか抜けません…。

今回は、装着して外すとこの解説です。
付けるのは、割と簡単なので…。

3ピースのクランクを外す場合は、専用の道具が必要です。


クランク交換

この写真に埋め込まれているやつです…(はしょり過ぎか…)

まぁ 3ピースクランクを購入するとだいたい一緒についてきます。

オークションなどで買う場合、この道具がついていないと
付ける事は出来ても、抜く事が出来なくなるのでご注意を…

単品を日本で買うと、3000円くらいします。

こいつを装着して…
あとは、プラハンマーで叩きます。


クランク交換2

叩くと、逆が押し出されて外れる訳です。

一枚目の画像で、クランクに入っていく部分が押し込まれる事によって外れる訳です。
こんな理屈で外れます。

取り付ける時は、スプラインに少しクランクを差し込んで
この取り付け道具をねじ込めば、徐々にクランクがねじ込まれて行きます。

ある程度ねじ込んだら、クランクの固定のボルトで締めて行けば良い訳です。

基本3ピースクランクの固定ボルトは同じなので、このクランク外しの道具は
共通で使う事ができるのですが、

Profile G.D.H cranksは、スピンドルの中空が大きく空けられてあるので、通常の固定ボルトよりボルトの径が大きくなっています。
よって、その他のクランク外しの道具が異なります。
その点は注意しておく必要があります。

Profileは最近はこのG.D.H仕様ですが、昔は他のと同じ規格の同じボルトの系のスピンドルが
ありました。中古市場ではこの仕様で売られている事があります。
要確認です。

ちなみにこのG.D.Hスピンドルは、結構軽くなってます。
まぁ 中空が大きいので当然そうなりますが…

Gun Drill Hollow の略らしく、銃の中空部分の技術の応用だとか…
さすがは、made in USA です…。



とはいえ、中古で買わない限りはそんなことに注意する必要もないのですが…

まぁ 中古でスピンドルやクランクなどを購入する際は気を付けていた方がいいです。

結構何となくな説明になってしまいましたが、参考になれば幸いです。


テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。