HIGE STYLE ~ハイジスタイル~

BMXと趣味と時々育児のテキトーブログ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
VISITOR 
プロフィール

hige(ハイジ)

Author:hige(ハイジ)
BMXを中心としたテキトーブログです。
2010年8月くらいからBMX乗ってます。

ランキング参加
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: D.I.Yチャリ編  Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

BMX グリップ交換方法
今回もたいしたネタではありませんが、何気なく苦戦するグリップ交換について…。

グリップは結構好みが分かれるので割と交換する事が多いと思います。
交換の仕方も人それぞれで方法がいろいろあると思います。

オイがいつもやっている交換方法の紹介。

グリップ外し

こんな感じでブシューっとやってやるだけです…





もう少し詳しく説明しときましょうか…



この画像は外す場合です。
正直 引っ張って取れる様な代物ではありません…

むしろ引っ張って取れるようなグリップはあまり使いものにならない気がします。

柔らかいグリップなら、ぐりぐり剥いて行くというか何というか…
そうやって外せるものもありますが、大抵は外れません…

という事でオイは、まずこの潤滑スプレーについているノズルを駆使します…
というか、こいつが無ければ無理です…

このノズルをまずは缶スプレーから外してグリップの外からぐりぐり
押し込みます…

そしてブシューっとやってやります。
この時点では、そんなにノズルは押し込めません…
少しブシューっとする事で、入って行くようになります。

ポイントは、このノズルを内側と外側から半分ずつ入れ込みます。
そうする事で、ツルツル中が滑る様になり、スポッっと抜けます。
スプレーした後に、ハンドルをぐりぐり回す様にして、潤滑油を浸透させていきましょう。


このノズルを押し込むのにちょっとコツがあり
押し込むとノズルが曲がってしまうので、グリップの上からノズルを
まっすぐにする様にしながら押し込んで行きます。



そう…医者がカテーテルをまっすぐ入れるようにして…
多分違うと思いますが、そんな感じです。




こいつが半分まで入ればもう終わったも同然です。

挿入する時は、グリップの内側とハンドルに潤滑スプレーを吹きかけておけばOK。
この時グリップの内側にはたっぷり付けておきます。

ここで中途半端だと…


途中まで入って、そこで止まり抜き差しならなくなってしまいます…泣


オイはCRCの556を使っていますが、水でやる人もいるみたいです。
滑るのが嫌だという理由で。

CRC使ってますが、夜の時点でヌルヌルしてますが
朝方には滑らなくなってるので、オイはあんまり気にしてないです…。


何気ないストレス作業のグリップ交換…

この方法で結構頑張れると思いますが…。
参考になればと。




テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

Comments

CRCよりパーツクリーナーの方がいいですよ。

乾き次第すぐ乗れます!
Re: タイトルなし
WaDa様

> CRCよりパーツクリーナーの方がいいですよ。
>
> 乾き次第すぐ乗れます!

おお ほんとですか?

ホームセンター何かに売ってるやつを今度買ってみますw
未だにもってませんでしたが、あると便利ですもんね。

いつも情報ありがとうございます^^

俺エアーコンプレッサーもってるんでぶしゅっとやっちまいますがパーツクリーナー良いですよ。ホームセンターの一番安い洗浄力弱いのがお薦めです。強いのは物によってはハンドルの塗装溶かしたりグリップも溶かすので。弱いやつだとグリップ汚れたときに洗浄出来るので良いですよー
Re: タイトルなし
イケダ様


おお エアーコンプレッサーでやるんですか!?
すごいですね!

>ホームセンターの一番安い洗浄力弱いのがお薦めです。
>強いのは物によってはハンドルの塗装溶かしたりグリップも溶かすので。弱いやつだとグリップ汚れたときに洗浄出来るので良いですよー

なるほど~ いつも参考になる情報ありがとうございます^^
あると便利ですね!
今度買ってみたいと思います!!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。